logo

IBM、「Firefox」を社内の標準ブラウザとして選択

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月02日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは、同社従業員約40万人の使用する標準ブラウザとして「Firefox」を選択した。IBMのSoftware GroupでオープンソースとLinuxを担当するバイスプレジデントBob Sutor氏が米国時間7月1日にブログ投稿で明らかにした。

 Sutor氏は、「すべてのIBM従業員が標準ブラウザとしてFirefoxの使用を求められる予定だ。Firefoxは企業で利用するための準備が整っており、われわれはこれを自分たちの事業で採用するつもりだ」と述べている。同氏によると、IBMは新規コンピュータへのFirefox導入、従業員に対する同ブラウザの教育、IBMと連携するベンダーに対する同ブラウザ導入の推進を進めていくほか、自社ITインフラでの増加するクラウドコンピューティングの使用に同ブラウザを活用する予定だという。

 Firefoxと同様、「Opera」や「Google Chrome」もWindows、Mac OS X、Linuxで利用可能となっているが、IBMはFirefoxの独立性に興味を示しているとSutor氏は述べる。「Firefoxはオープンソースであり、開発スケジュールは、1つの商業団体ではなく開発者コミュニティーによって管理されている」(Sutor氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集