logo

東日本システム建設、「SharePoint 2010」のホスティングサービス提供開始

富永恭子(ロビンソン)2010年06月18日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東日本システム建設(TOSYS)は6月18日、「Livestyle SharePoint 2010」ホスティングサービスを6月21日より提供開始すると発表した。同サービスは、マイクロソフトが提供するプラットフォーム製品群を活用したTOSYSのクラウド基盤「Livestyle」に「Microsoft SharePoint 2010」を搭載した、カスタマイズ可能なSharePointのホスティングサービスとして提供される。

 専用型サービスのため、ホストされたSharePointに対するサードパーティ製アプリケーションのインストールやオリジナルのWebパーツ、アドイン、テンプレートなどの適用が可能という。また、オンプレミス型での運用時と同様に「Microsoft Visio 2010」や「SharePoint Designer 2010」を活用して、ワークフローデザインをノンコーディングで行うこともできる。

 TOSYSでは、SharePointのホスティングサービスを4年以上にわたって提供してきた実績を持ち、サービスの運用は堅牢な国内のデータセンターで行われるとしている。仮想サーバおよびSANストレージを採用しているため、ユーザーの状況によりサーバやストレージ容量を柔軟に増強することも容易だという。

 Livestyle SharePoint 2010ホスティングサービスの提供価格は、月額9万8000円(税別)から。TOSYSでは今後、クラウド型コラボレーション市場における中規模から小規模企業への拡販を行い、サービス提供開始から3年間で100社への導入を目指すという。また、2011年上半期には「Office Communications Server」についてもホスティングサービスを提供する予定だという。

-PR-企画特集