エコポイント開始から1年、省エネ家電の売上が4割増--経産省調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2009年5月の「エコポイント」制度開始により、この1年間で対象製品の売上台数が前年同期比で約40%増加したことが、明らかになった。

 エコポイントは、政府が定める一定の省エネ基準を満たす、テレビ、エアコン、冷蔵庫の購入に対して、商品券などと交換可能なポイントを付与する制度。実施期間は、当初2010年3月末までと予定されていたが、同年12月まで延長された。

 経産省が家電量販店に行った聞き取り調査によると、対象3品目の5月の合計売上は、前年同月比で約13%の増加。制度開始前の前々年比では31%増、2009年5月から1年間の累計では、前年比約40%の大幅増になった。エコポイントによる押し上げ効果が認められるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加