logo

ソニー・エリクソン、Android搭載の最新機種「Xperia X8」を発表--第3四半期発売へ

文:Bonnie Cha(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年06月17日 10時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sony Ericssonは米国時間6月16日、Androidをベースにしたスマートフォンである、Xperiaシリーズの最新機種「Xperia X8」を発表した。具体的な発売日は明らかにされなかったが、価格は「Xperia X10」より手頃になり、200ユーロ(およそ250ドル)以下を予定していると同社は述べている。

 価格が下がっただけあり、X8にはX10と同じだけの機能が搭載されるわけではない。HVGAの静電容量タッチスクリーンが採用され、画面は3インチに小型化。またカメラはX10が8.1メガピクセルだったのに対し、X8では3.2メガピクセルとなった。「User Experience Platform」(UXP)を搭載し、「Timescape」機能を備える。

 GSMクワッドバンド、UMTS HSPA 800/1900/2100に対応するほか、Wi-Fi、Bluetooth、A-GPSをサポートする。「Android 1.6」をベースに開発されているが、Sony Ericssonによると、市場の状況をみてAndroid 1.6に「Android 2.1」アップデートを含めて出荷するか、最初からAndroid 2.1を搭載して出荷するかを判断するという。

 Xperia X8は一部の市場で第3四半期に発売される見込みとなっている。アクアブルー/ホワイト、ピンク/ホワイト、シルバー/ホワイトなどのカラーバリエーションが用意される。

 以下はCNET Asiaが実機を触ってみた際のレポートである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集