エグゼモード、赤外線ランプ搭載で暗闇に強いデジカメ「YASHICA EZ Digital F537IR」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エグゼモードは6月10日、赤外線ランプを6灯搭載したデジタルカメラ「YASHICA EZ Digital F537IR」を発表した。6月17日に発売する。実勢予想価格は7980円の見込みだ。

 YASHICA EZ Digital F537IRは、赤外線ランプ6灯による「赤外線(IR)ナイトモード」を搭載。ストロボと併用で夜間・暗闇での撮影に強いデジカメだとしている。

 有効画素数503万画素の1/3.2型CMOSイメージセンサを内蔵し、デジタル5倍ズームを装備。レンズは35mmカメラ換算40mmの固定焦点レンズで、最大1200万画素の静止画、720×480ピクセルの動画撮影に対応する。外部メディアにはSD/SDHCカードを採用した。

 約高さ61mm×幅94mm×奥行き18.2mmのコンパクトボディに、2.7型の液晶モニタを搭載。本体重量は80g(乾電池除く)だ。本体カラーは、ブラックとシルバー、ブルー、レッド、ピンクの5色をそろえる。

YASHICA EZ Digital F537IR デジタルカメラ「YASHICA EZ Digital F537IR」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加