logo

日立システム、ID管理ソリューションを拡充--特権パスワード管理ツールの販売を開始

富永恭子(ロビンソン)2010年06月09日 20時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービス(日立システム)は、カナダのHitachi ID Systems(日立IDシステムズ)と「Hitachi ID Management Suite」の販売代理店契約を締結し、中核製品である「日立ID特権パスワードマネージャー」を6月10日から販売すると発表した。

 日立ID特権パスワードマネージャーは、管理対象システムの特権パスワードの自動更新や、貸し出した特権パスワードの返却時における自動更新を行うツール。また、特権パスワードの開示先を必要な人やプログラムのみに限定する機能を持つ。利用申請および開示、返却を管理するシンプルなワークフローや、誰がいつ特権パスワードを入手したかを記録するロギングなど、各種の機能を装備する。これらの機能により、不正利用の防止、セキュリティ強化、運用の自動化、効率化、運用コスト削減を図ることができるという。

 さらに、管理対象となるWindowsおよびUnixサーバに、新たにソフトウェアをインストールすることなく、特権パスワードを管理し、運用を開始できる。これにより、既に運用中、使用中のシステムに対しても、大きな変更を加えずに特権パスワードのセキュリティ強化を図ることが可能になるとしている。

 日立システムは、日立ID特権パスワードマネージャーを同社の「アイデンティティ管理ソリューション」のラインアップに追加し、更なる強化を図るという。また、その他のHitachi ID Management Suite製品に関しても、順次販売を予定している。日立システムでは、アイデンティティ管理ソリューション全体で、今後3年間で約10億円の販売を目指すという。

-PR-企画特集