アドビのソフトウェアに未パッチのセキュリティホール--TippingPointが報告

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎2010年06月02日 13時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TippingPointのDigital Vaccine Laboratories(DVLabs)に所属する研究者が、Adobeのソフトウェア製品に未修正のセキュリティホールが複数存在することを新たに報告した。

 DVLabsの研究者Aaron Portnoy氏とLogan Brown氏はこの1週間、Adobe製品に存在する3件の異なる「深刻度の高い」脆弱性について報告し、攻撃者はこれらのセキュリティホールを悪用して、遠隔からコード実行攻撃を行うことができると警告した。

 どのAdobe製品が影響を受けるのかは明らかにされていない。同社は、Adobeがパッチをリリースするまで、詳しい情報を公にしない方針だ。

 これらの脆弱性に関する情報は、DVLabsの発表を予定しているアドバイザリを掲載するページで公開されたもので、このページにはほかにSAP、RealNetworks、Sophos、Oracleが販売する製品に関する未修正のセキュリティホールも掲載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加