[ブックレビュー]意外と難しいマナーと書き方--「メール文章力の基本」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本実業出版社
藤田英時
詳細:単行本(ソフトカバー) / 200ページ / 日本実業出版社 / 価格:¥ 1365 / 著者:藤田 英時 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm × 13.2cm × 1.4cm / 重量:0.3 kg
内容:ビジネスでもプライベートでも、今や欠かせないツールとなったメール。しかしオン、オフともに利用するだけに、ビジネスで使う上で「本当に正しい書き方」は意外と身に付いていないかもしれない。
Amazon.co.jpアソシエイト

 今や社会人が身に付けておきたいマナーとして、電話や名刺のやりとりのマナー以上に重要なのが、電子メールのマナーだ。メールはプライベートでも頻繁に使うため、身近になりすぎて無意識に相手に失礼な書き方をしてしまっていることがある。特に、社会人1年目であれば、今の内にメールの書き方を身に付けておくと今後、悩む必要はなくなる。

 本書はメール本文の書き方だけではなく、メールを書く前に気を付けること、確認すべきことが、細かく書き出されている点に注目する。メールを書く目的、そのメールに対するアクションの必要性、添付ファイルにするべきか本文に書くべきかなど、「そんなことまで考えたことはなかった」という人も1人や2人ではないだろう。その根底にある考え方は「相手に対する気くばり」だ。

 仕事で忙しいとついつい自分本意のメールを出してしまいがちだが、自分が受け取る側だったらどう思うだろうか。「お忙しいところ恐縮ですが」とたった一言あるだけで、気持ち良く協力しようと思えるのではないか。そうだとしたら、自分がメールを出す側になったときにも、相手を思いやる一言を添えるといい。文字だけのやりとりは、実際に会って話をする時よりも気配りを忘れずにいたい。それに気づかせてくれる1冊だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加