logo

シマンテック、「Norton Everywhere」構想を発表--スマートフォンのセキュリティも強化

文:Matthew Broersma(ZDNet.co.uk) 翻訳校正:編集部2010年05月31日 11時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantecは、スマートフォンのセキュリティ確保とDNSベースのウェブフィルタリングの処理、さらにはデジタルフォトフレームのような接続型デバイスの保護などの機能を備え、同社のセキュリティテクノロジを拡張する、「Norton Everywhere」というイニシアチブを発表した。

 米国時間5月27日に発表された最初の製品群には、「Android」およびApple製スマートフォン向けのセキュリティソフトウェアのベータ版や「Norton DNS」のベータ版が含まれる。

 やがて登場するNorton Everywhere製品群は、Symantec自身の消費者向けセキュリティ、バックアップ、およびインフラストラクチャテクノロジ、さらにスマートフォンメーカーのHTCを含むパートナーのテクノロジを活用したものになる、とSymantecは発表の中で述べた。これらの製品群は消費者だけでなく、法人もターゲットとしている。

 6月に提供開始される「Norton Smartphone Security Beta for Android」は、紛失や盗難が発生した場合にテキストメッセージ経由でリモートからデバイスをロックしたり、データを消去したりできる機能をAndroidユーザーに提供する。同製品には、特定の電話番号からの受信を拒否する機能や、悪意あるコードからの保護機能も含まれる予定だ。

 同じく6月に提供開始予定の「Norton Connect」ベータ版では、「iPhone」や「iPad」、Android端末を含むモバイルデバイスから「Norton Online Backup」や「Norton 360」を通してアーカイブされたデータへアクセスできるようになる。同ソフトウェアは、「Android Market」および「iPhone App Store」でダウンロード提供する予定だ、とSymantecは述べた。同社は27日、ニュースや動画、ダウンロードを提供するスマートフォンポータル(m.norton.com)を開設した。

 Symantecによると、同社はAndroidおよび「Windows Mobile」向けソフトウェアの開発とテストで、HTCと協力しているという。

 Norton DNSは、全てのトラフィックをSymantec自身のDNSサーバを通してルーティングし、ユーザーがアクセスするそれぞれのURLを確認する。管理者やホームユーザーは、ルータのDNS設定を変更したり、デバイス上にアプリケーションをインストールしたりすることで、デバイスにNorton DNSサービスを追加できる。このアプローチは、「Open DNS」や「Google Public DNS」などのカスタムDNSサービスが採用しているものに似ている。

 Symantecは6月、Android Marketで公開されるアプリケーションを通して、Android搭載デバイス向けNorton DNSも提供する予定だ。

 今後予定されているほかのNorton Everywhere製品群は、Blu-rayプレーヤーやテレビ、メディアストリーミング端末、ホームセキュリティシステム、デジタルカメラ、フォトフレームなど、PC以外のインターネット接続型メディアデバイスのセキュリティを対象としたものになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集