logo

[ウェブサービスレビュー]プロジェクトを円で管理--「The Big Picture」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The Big Picture
内容:「The Big Picture」は、Flashベースで動作するタスク管理ツールだ。プロジェクトを円で表し、そこにタスクリストを追加していく。プロジェクトのボリュームを視覚的に把握しやすい。
  • トップページ。日本語表示には対応しているがフォントはやや中華ライクだ

 タスク管理ツール「The Big Picture」の大きな特徴は、各プロジェクトを色とりどりの円で表示するインターフェースにある。プロジェクトの重要度や緊急度が高ければ円を大きく、そうでなければ小さく表示することで、優先的に取り掛かるべきプロジェクトや、ボリュームがあるため早期に着手しなくてはいけないプロジェクトが、ひとめで把握できる。

 各プロジェクトに属するタスクは、それぞれの円=プロジェクトをクリックすることにより、リスト形式で表示される。タスクは最大5階層までの階層構造を持たせられるので、規模の大きなプロジェクトであっても、GTD(Getting Things Done)に基づいてタスクを細分化できる。階層の最上位を各スタッフの名前にしておき、担当別にタスクを割り当てていくといった使い方もできそうだ。

  • プロジェクトを作成する場合は、画面右上の「New project」をクリックしたのち、画面をドラッグして円の直径を決める。この操作に限らず、本サービスはマウスによる操作が中心になるので、キーボード操作が主体のユーザーはなじみにくいかもしれない

 画面はFlashベースで動作する。円の描画もマウスでドラッグするだけで作成できるので簡単だ。プロジェクトはキャンバス上をドラッグ&ドロップで自由に移動させられるほか、色も自由に設定できるので、各プロジェクトに合った配色で目立たせることも可能だ。また個々のタスクについても、プロジェクト間でドラッグ&ドロップで移動できるなど、自由度は非常に高い。

 さらに個々のタスクについては、カレンダー形式での表示も可能。個々のタスクをタイムラインに並べていくことで、スケジュールの立案も簡単にできる。iCal形式での出力もできるので、Googleカレンダーにもタスクを表示させられる。

 Flashを利用した独特のインターフェースを採用しているため、携帯電話からは利用できずPCからの利用が前提になる。しかしiCal形式への対応に見られるように他サービスとの連携方法が用意されているので、それほど不自由さは感じない。とくにタスクの階層化はかなり自由度が高くおすすめだ。円による特徴的なインターフェースにばかり目が行きがちだが、タスク管理サービスとしてもかなりの実力派だといえるだろう。

  • 円のサイズが確定したら吹き出しが表示されるのでプロジェクトの名前をつける

  • できあがったプロジェクトをクリックするとタスクの作成画面が表示される。タスクは階層構造を持たせることが可能

  • タスクをカレンダーに並べて表示することも可能。各タスクの所要時間をもとにスケジュールを立てることも容易だ

  • タスクは繰り返しの設定もできる

  • 設定画面。表示時間の範囲を例えば8:00-22:00といった具合に設定できる。なかなか気が利いた仕様だ

  • iCal形式での出力にも対応するので、Googleカレンダーでも表示できる

-PR-企画特集