logo

Facebook CEO、プライバシー設定について誤りを認める--新設定機能の提供も示唆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebook最高経営責任者(CEO)のMark Zuckerberg氏は米国時間5月24日、Facebookに導入されたプライバシー設定についてThe Washington Postにコラムを執筆し、同社は誤りを犯したと述べた。同氏は、「われわれの意図は、多くの細かな設定をユーザーに与えることだったが、それはユーザーの多くが希望していたものではないのかもしれない。われわれは、まさに的外れなことをしてしまった」と同コラムで述べた。また、同コラムは、次に予定されているものについても触れている。「はるかに簡単なプライバシー設定を数週間以内に加える予定だ。また、すべてのサードパーティーサービスを無効にする簡単な方法も提供する予定だ」(Zuckerberg氏)

-PR-企画特集