logo

[ブックレビュー]“フツーのあなた”のためのビジネス書--「凡人のための仕事プレイ事始め」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社文藝春秋
中川淳一郎
詳細:単行本(ソフトカバー) / 304ページ / 文藝春秋 / 価格:¥ 1,450 / 著者:中川 淳一郎 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm × 13.0cm × 2.4cm / 重量:0.3 kg
内容:通常では描かれにくい“フツーの人”のためのビジネス書。仕事に必要なのはやる気や情熱ではなく「怒られたくない気持ち」と言い切り、「プレイ」として楽しむことが大事という。

 3ページ読んだ時点で、「それを言ってしまっては身もふたもない」と思わず苦笑いしてしまう。なぜなら、思い当たる節がごまんとあるからだ。大上段に構えた仕事論を一刀両断にする威力がここにはある。

 ちまたには、いかに「仕事がデキる」人間になるか、そのノウハウを説く本があふれかえっている。そして、そういった本を読むと、妙に焦燥感を感じ、自分も「仕事に対して前向きに取り組み、素晴らしい成果を出さなければ!」と思う。

 しかし、本書を読んでみると、実際のところは、なるほど「人に怒られないようにするため」に仕事をしているのが、現実かもしれない。その現実を、これでもかと突きつけてくるエピソードが次から次へと表れる。「エレベーターの乗り降りの順序が重要」だの、「ムダに先回りしてエライ人に配慮する」だの、いちいち首が取れそうなほど、うなずいてしまう。

 こんな調子なので、早々に現実から目を背けたくなるかもしれないが、最後のページを読まずに、この本を本棚に埋もれさせてはいけない。そんな仕事の現実はあるけれど、「仕事ってなかなかいいもんじゃない?」と締めてくれるからだ。実のところ、著者も仕事に希望を持っているのだ。

-PR-企画特集