ECナビ、スマートフォンアプリ開発に向け子会社「ジェネシックス」を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ECナビは5月17日、スマートフォン向けアプリの企画・運営を行う「ジェネシックス」を設立した。

 ジェネシックスの代表取締役には、三田文康氏が就任。資本金は5000万円で、ECナビの100%子会社となる。新会社では、自社アプリの企画や運営のほか、独自のデータベースやコンテンツを持つ他社と共同でのアプリ提供も予定する。2010年末までに10アプリの開発を目指すとしている。

 ECナビグループでは、ECナビポイントが貯まる「ECナビケータイ」の発売や、モバイルメディアへの検索サービス、リスティング広告の導入支援など、モバイル関連事業を展開。2010年3月には、スマートフォン事業室を立ち上げている。今回、スマートフォン市場の成長や、PCおよびモバイルメディアの運営実績やノウハウ、ECナビグループ会社との相乗効果を期待して子会社の設立に至ったとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加