logo

[ブックレビュー]“月並み”を覆す力--「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学 集中講義」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
阪急コミュニケーションズ
ティナ・シーリグ(著)、 高遠裕子(訳)、 三ツ松新(解説)
詳細:単行本 / 231ページ / 阪急コミュニケーションズ / 価格:¥ 1,470 / 著者:ティナ・シーリグ / 監修:Tina Seelig、高遠 裕子 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm × 13.0cm × 2.0cm / 重量:0.3 kg
内容:“思い込み”が問題解決力や可能性を排除してしまっているとしたら……。身の回りのルールを優先しすぎると見えなくなるものがある。それを打ち破るのに必要なものは何か?が見えてくる1冊。
Amazon.co.jpアソシエイト

 いつも決まった場所からしか見たことのない風景を別の場所から見たとき、全く違った風景に見えて驚くことがある。自分が立つ位置をほんの少しずらすだけで、そこには別の視界が開けているのだ。

 著者はいう。「たいていの人は問題にぶつかっても、解決できるはずがないと端から決めてかかっているので、目の前に独創的な解決法があっても気づかないのです」思い込みというのは怖いもので、なかなかそこから抜け出すのは難しい。なぜなら「従来の考え方に閉じこもってほかの可能性を排除するのは、信じがたいほど楽」だからだ。

 しかし鎖で縛られたように何かにがんじがらめになり、一定のサイズの中でしか考えられないという事実を認識したら、自由になりたいと思うのではないだろうか。モノにはたった1つの決まった使い方しかないわけではなく、使い手の自由な発想によって、全く違った使い方ができるのである。

 4月に始まった新生活も少し落ち着き、ふと立ち止まって、自分の仕事や生活のことを振り返る余裕の出てくる5月。本書から、これからの自分に対するヒントをもらうのもいいのではないだろうか。

-PR-企画特集