[ウェブサービスレビュー]iPhone/Android端末からバーコードで製品登録完了「はてなモノリス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はてな
内容:「はてなモノリス」は、iPhoneやAndroid端末を通じ、身近にあるモノのバーコードをスキャンして投稿できるサービスだ。身の回りのモノを手軽にウェブ上で紹介できるほか、ライブラリとして役立てられる。
  • iPhoneから見たホーム画面。近い嗜好を持つユーザーをフォローして表示もできる

 「はてなモノリス」は、バーコードを持つ身の回りのさまざまなモノを手軽にウェブ上に投稿して紹介できるサービスだ。いわゆる蔵書管理サービスなどと大きく異なるのは、書籍やCD、DVDなどに限らずバーコードのあるモノすべてが対象であること、またiPhoneやAndroid端末からの投稿に特化された「スマートフォン向けサービス」であることだ。

 アプリを起動して「スキャン」を選ぶと端末内蔵のカメラが起動する。商品に付いているバーコードにカメラを向けると自動的に読み取りがされ、商品がAmazonに登録されていれば商品データが自動的に画面に表示される。コメントを書き込むか、もしくは写真を追加して「投稿」ボタンを押すと、自分のページの「モノ」の一覧に追加される。どんどんモノを投稿していくことで、身の回りのモノのライブラリができあがっていくという寸法だ。

  • iPhoneもしくはAndroid端末でバーコードをスキャンする。バーコードはシャッターを押さなくても自動認識される

 投稿したデータはiPhoneやAndroid端末はもちろんPCからも閲覧ができる。身の回りのモノのライブラリを作成できるのはもちろん、あらかじめTwitterのアカウントを登録しておくことで、投稿された内容をTwitterに同時投稿することも可能だ。投稿した内容に応じて「メダル」がもらえることで、投稿のインセンティブが働くようになっている。

 ややクセがあるのが、投稿にあたってコメントもしくは写真の登録が必須とされており、バーコードを読み取ってすぐに投稿ボタンが押せないこと。ライブラリ作成のために短時間でたくさんのモノを投稿するというよりも、身近にあるモノをコメントもしくは写真付きで1つずつ投稿していって、気がついたらライブラリができあがっていた、といった使われ方になりそうだ。また手持ちのバーコードを読み取って投稿する仕組みであるため、例えば未入手の「読みたい本」を登録しておくといった使い方はできない。

  • バーコードを読み取った商品がAmazon.co.jpに登録されていれば自動的に商品データが表示される

  • コメントもしくは写真を添付して投稿ボタンを押すと投稿される

  • 投稿が完了すると「モノ」の一覧に追加される

 ざっと使った限りでは、持ち物をキーにして個人の嗜好をアピールすることに主眼が置かれており、蔵書管理系のサービスよりはむしろプロフィール紹介サイトに近い印象をうける。現状ではタグ付けや分類などの機能もなく、書棚表示やブログパーツなどが用意された競合サービスに比べるとおそろしくシンプルに感じられるが、今後はてなの他サービスと結びつくことで真価を発揮していきそうだ。今後の展開が楽しみなサービスだといえる。

  • モノの詳細を表示したところ

  • 同じモノを投稿しているユーザーが一覧される

  • 投稿にはコメントもしくは写真が必須。コメントも写真もない状態で投稿ボタンを押すとこのようなメッセージが表示される

  • 「プロフィール」には獲得したポイントやTwitterのアカウントなどの情報が表示される

  • もちろんPCからの閲覧も可能

  • Twitterのアカウントを登録しておくことで投稿時にモノの情報を流すことも可能。AmazonアソシエイトIDもここで登録できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加