logo

「iPad」所有者を狙ったマルウェアが出現--Windowsユーザーに影響

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年04月27日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPad所有者をだまして「iTunes」アップデートに見せかけた悪質なソフトウェアをダウンロードさせようとする電子メールが出回っていると、専門家が米国時間4月26日に警告を発した。このソフトウェアは、コンピュータにバックドアを設けるという。

 「iPad Software Update」というタイトルの書かれた電子メールには、正規のiTunesダウンロードページに見せかけたウェブページへのリンクが書かれていると、BitDefenderは述べる。BitDefenderブログによると、リンク先からは「Backdoor.Bifrose.AADY」というマルウェアがダウンロードされるという。

 マルウェアは自身を「explorer.exe」のプロセスに挿入し、攻撃者がいつでもシステムの制御に利用できるバックドアを設けると、上述のブログには書かれている。またコンピュータにインストールされているさまざまなソフトウェアのキーやシリアルナンバーを読み、ユーザーが利用するICQなどのメッセンジャー、POP3メールアカウント、保護されたストレージのパスワードを記録しようと試みるという。

 Macユーザーはマルウェアによる影響を受けないと、ブログには記されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集