読売新聞とデジタルガレージら、Twitterを使った「大手小町アフターファイ部」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 読売新聞とデジタルガレージ、オウケイウェイヴの3社は4月26日、読売新聞が運営する「大手小町」内で、Twitterを使って企業広報のつぶやきを掲載する「大手小町アフターファイ部」を開設した。

 大手小町は、ファッションやトレンド情報、コミュニティページ「発言小町」などを提供する女性向けサイト。今回開設する大手小町アフターファイ部は、「デザート部」や「ショッピング部」など仮想の部活動の場を提供し、参加企業は、各部のマネージャーとして「企業広報のTwitterアカウント」でつぶやき、部活の活動報告をユーザーに届けるというもの。ユーザーと広報とのコミュニケーションには、オウケイウェイヴが提供するTwitterベースのQ&Aサイト「OKetter」のソリューションやナレッジを活用している。

 ユーザーは、女性に関わりの深い企業広報のつぶやきをまとめて読むことができ、参加企業は、大勢の大手小町ユーザーとのコミュニケーションがとりやすいメリットがあるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加