米ヤフー、foursquareを獲得できるのか--買収と独立性めぐるせめぎあい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 位置情報ベースのネットワーキングサービスを展開する新興企業foursquareの動向が注目されている。創業者のDennis Crowley氏が米Yahooによる約1億ドル超の買収提案を拒否した一方で、Yahooで合併買収(M&A)の新しい責任者を務めるAndrew Siegel氏が、拠点のあるニューヨークを訪問して同氏の説得を試みているという。AllThingsDが米国時間4月16日に報じている。

 いまのところ、この取り組みは遅々として進まず、Yahooが財政面での優位性を強く示していないため、Crowley氏はこの買収に対して懸念を抱き始めている模様だ。

 また一方で、強力な投資会社であるAndreessen HorowitzとKhosla Venturesは、有利な資金提供を申し出て、foursquareの独立性と、急成長するステータス更新サービスの勢いを維持させたい意向だ。

 情報筋によると、ロシアの投資会社Digital Sky Technologiesなどますます多くの企業が関心を寄せているという。Digital Sky TechnologiesはFacebookやZyngaなどに資金を提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加