logo

映画「アバター」で急成長したRealD、新規株式公開も視野に

文:Larry Dignan(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年04月13日 10時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画館向け3Dテクノロジの大手プロバイダーで、おそらく将来的には消費者にも同テクノロジを提供するであろうRealDは、新規株式公開(IPO)に向けて規制当局へ提出した書類の中で、非常に多くの成長機会(とリスク)を提示した。しかし、最大の疑問は、「Avatar」が牽引したRealDの成長率を今後も繰り返すことが可能なのかということだ。

 具体的には、RealDのテクノロジは、51カ国の5321の劇場スクリーンに導入されている。この数字は3D分野の同業者のなかで最も多く、同社テクノロジはAMDやCinemark、Regalといった映画館チェーンに広く普及している。RealDによると、さらに4900のスクリーンに同社テクノロジを追加する計画があるという。

 その一方で、RealDは大ヒット作となった映画「アバター」を見るためのメガネとプロジェクタも供給した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集