logo

新興企業のQlipso、動画共有サイトVeohを買収

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画共有サイトVeohがメディア共有企業Qlipsoの傘下に入ったことを明らかにした。VeohのAboutページには「Veohは、革新的なソーシャルコンテンツ共有企業Qlipsoの傘下にある」と書かれている。

 VentureBeatの報道によると、Veoh幹部はQlipsoに移籍する予定という。Qlipsoの最高経営責任者(CEO)Jon Goldman氏はVentureBeatの取材に対し、買収の目的は自社サービスのオーディエンスの構築を加速することだと述べている。買収の条件は明らかにされていない。

 Veohは登場した当初こそYouTubeの競合と見られたが、訴訟や、Huluなどの他のビデオ共有サイトとの競争に見舞われた。2月にはほとんどの従業員をレイオフし、連邦破産法第7章を申請していた。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]