ビデオで見るiPad--初めてのタッチタイピング、iBooksやラブプラスも使ってみました

坂本純子(編集部)2010年04月06日 18時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CastaliaとAppetizer Japanが開催したイベント「iPad Landing」で、iPadを触ってきた。その様子をビデオでお伝えする。

 まずは、電子ブックアプリ「iBooks」から。最初から、Winnie-the-Poohがインストールされているという。指で画面をタッチし、本をめくるようにして読める。注目すべきは、まるで本物の本のような「裏移り」を再現しているところだ。この細やかさは、さすがアップルという気がする。

本の「裏移り」を再現している点も注目ポイント

 雑誌「TIME」のiPad版アプリ。文字の拡大、縮小も自在だ。写真も非常に美しい。単に雑誌をデジタル化したのではなく、iPad版ならではの作り込みがされている。Wi-Fiが使用できなかったため、実際には見られなかったがiPhoneアプリで導入されているような、動きのある広告も入っているという。

雑誌「TIME」のiPad版アプリ

 iPadの「オンスクリーンキーボード」でタッチタイピングを試してみた。デザインは「Apple Wireless Keyboard」そのもの。アプリは標準付属の「メモ」を使用した。ソフトウェアキーボードのためホームポジションがわかりにくい。なんとなくの感覚を頼りにキーボードを見ずに入力。初めてということもあり、タイプミスをしながらだったが「意外と打てる!」という印象を受けた。

 文字を入力すると、語彙の候補を提示してくれる。変換は、通常のキーボードと同様にスペースバーを押すと、キーボードの上に変換候補が出てくる。原稿を書けるようになるまでには慣れが必要だが、メールの返信ぐらいならオンスクリーンキーボードで十分だ。

 なお、男女数名で試してみたところ、女性のほうがすんなりと入力できる傾向が見られた。「押した時の感覚がないので難しい」「触れると入力されてしまうので、タイプミスが発生しやすい」という声も聞かれた。

iPadで初めてのキーボード入力

 iPhoneアプリで登場したラブプラスシリーズ。iPadでもきちんと動いていた。ただ、iPhoneと比較すると若干ジャギーが目立つ。また、iPadは音がいい印象を持った。使わないときは、iPad Dockに接続して時計代わりにするのも楽しい。

iPadでもラブプラスが楽しめる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加