DeNAとドコモ、投稿サイトを運営する合弁会社「エブリスタ」を設立

松田真理(マイカ)2010年04月02日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)とNTTドコモは4月1日、合弁会社「エブリスタ」を設立した。今後エブリスタは、ユーザー自身がケータイ小説、コミックやイラスト、写真、レシピ、俳句などのコンテンツを投稿/閲覧できるサイト「E★エブリスタ」を運営する。

 サイトのプレオープンは5月中旬の予定。一般のユーザーから投稿を受け付けると同時に、賞金総額700万円を超えるプレオープンイベントを開催する。幻冬舎と連携した小説投稿イベント「E★エブリスタ小説大賞」、角川コンテンツゲートと連携した「E★エブリスタ×角川コンテンツゲート コミック・イラスト大賞」を設け、大賞作品は書籍化する。また、優秀と認められたユーザーには、E★エブリスタでの連載作家権を与えるという。

 今後の取り組みとしてポイント制を導入し、毎月人気上位のクリエイターに最高100万円相当のポイントを支払う。有料コンテンツの提供も視野に入れている。サイトのグランドオープンは2010年初夏の予定だ。

 エブリスタの資本金は16億円で、出資比率はDeNAが70%、NTTドコモが30%。代表取締役社長にはDeNA執行役員の池田純氏が就任している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加