logo

Twitterやブログで使えるグラフ生成サービス「Figit」

岩本有平(編集部)2010年03月31日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グラフ共有サービス「vizoo」を提供するフィルモア・アドバイザリーが、個人向けのグラフ生成サービス「Figit(フィグイット)」を公開した。

 フィルモア・アドバイザリーが提供するvizooは、上場企業の株価や財務データ、各種統計データなど、同社が取り扱うデータを組み合わせてオリジナルのグラフを作成し、共有できるサービス。

 機関投資家や証券会社向けのビジネスユースを想定しているvizooに対し、ユーザーからの「タイムリーなデータを使って、手軽にグラフを作成できるサービスが欲しい」という要望から試験的に公開したサービスがFigitだ。

 グラフを生成するには、「ボード」と呼ぶグラフのカテゴリを選択、もしくは新規に作成したのち、グラフの種類やグラフのラベル、データ、タイトルを入力する。グラフに関連するURLなど、140文字の「ひとこと」をつけることができる。生成したグラフは、直接TwitterやFacebookに投稿できる。

 Figitのディレクションを担当するフィルモア・アドバイザリーの太田新二郎氏は、Titterと連携した写真投稿サービス「Twitpic」を例に挙げ、「Twitpicが写真を手軽にTwitterに投稿できるサービスであれば、Figitはそのグラフ版として育てていきたい」と語る。今後はまず、無料会員制にしてユーザー管理機能を整え、その後はニーズをもとにサービスを強化していく。FigitへのフィードバックはTwitterアカウント「figit_net」およびuservoice.comの「Figit」で受け付ける。

グラフを作成し、Twitterなどに投稿できる「Figit」 ※クリックすると拡大します グラフを生成し、Twitterなどに投稿できる「Figit」 ※クリックすると拡大します

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]