logo

PS3、全モデルでLinuxなどOSのインストールが不可能に--「脆弱性対応のため」と説明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PlayStation 3(PS3)の次期システムソフトウェアバージョンアップにおいて、新型PS3(CECH-2000シリーズ)を除く従来モデルのPS3に搭載されていた「他のシステムのインストール」に関する機能を削除すると発表した。これにより、PS3にLinux OSなどをインストールすることができなくなる。次期バージョン「3.21」は4月1日に提供される予定だ。

 ソニー・コンピュータエンタテインメントでは削除理由について、「セキュリティの脆弱性に起因する問題に対応するため」としている。

 このアップデートは選択制で、強制ではない。旧モデルのユーザーは、システムソフトウェアのバージョンアップをしなければ、この機能を引き続き使える。ただしその場合は、いくつかのサービスなどが利用できなくなる。具体的には、PlayStation Networkへのアクセス、PlayStation Networkを利用したコンテンツやサービス、システムソフトウェア バージョン3.21以降で動作するPS3向けゲームソフト、Blu-ray Discビデオコンテンツ、システムソフトウェア バージョン3.21以降で提供される新機能や動作品質の改善などのアップデートが利用できなくなる。また、本体設定でDTCP-IPを有効に設定している場合、著作権保護されたメディアサーバ上のビデオも再生できない。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]