logo

Brightcove、「Brightcove Experience for HTML5」を発表--Flash非対応機器へ動画配信可能に

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:編集部2010年03月30日 12時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン動画プラットフォームのプロバイダーであるBrightcoveは、「Flash」非対応というAppleの「iPad」のすき間をHTML5ビデオで埋めようとしている。

 Brightcoveは米国時間3月29日、AppleのiPadや「iPhone」「iPod touch」といったデバイス向けに動画配信を可能にする「Brightcove Experience for HTML5」を発表した

 AppleとAdobeのFlashをめぐる論争など、動画フォーマットは現在、大きな混乱状態にある。その一方で、Googleは動画配信にHTML5を使うことを強く推奨している。これに標準としてのH.264を加えると、ビデオパブリッシャーにとっては複雑な事態になるかもしれない。

 Brightcoveの最新ソフトウェアは、デバイス検出やH.264でエンコードされたコンテンツの再生が可能。Brightcoveによると、同社はBrightcove Experienceの今後のバージョンで、カスタマイズや広告、解析、ソーシャル共有といった機能を追加する予定だという。

 Time Inc.やThe New York TimesといったパブリッシャーはBrightcoveのHTML5ソフトウェアを使って、自社のサイトをiPadに提供する予定だ。Brightcoveは、ほかのパブリッシャーもこれに追随してほしいと考えている。

 Brightcoveの既存顧客は新ソフトウェアを無料で利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集