logo

電通、アートと広告を融合させたデジタルサイネージを実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は、美術作品などのアートコンテンツと広告を融合させたデジタルサイネージ「デジタルアートボード」の実証実験を、3月27日から東京ミッドタウンで実施する。

 デジタルアートボードは、60インチ縦型モニター6面を連結した、幅約5メートル、高さ約2メートルの屏風型液晶ディスプレイ。

 実証実験では、東京ミッドタウンのプラザ地下1階のインフォメーション付近にデジタルアートボードを設置し、千住博氏作「水の森」のデジタル変換動画をはじめ、ボストン美術館所蔵の葛飾北斎作「冨嶽三十六景 凱風快晴」「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」のデジタル変換動画や、東京ミッドタウン内にあるサントリー美術館の企画展「和ガラス―粋なうつわ、遊びのかたち―」の出品作品映像などを放映する。

デジタルアートボードデジタルアートボード

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]