logo

千葉県柏市で公衆電源サービスの実証実験--3月20日からモニターを募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自宅外で手軽に電源を供給できる、公衆電源サービスの実証実験が千葉県柏市で実施される。

 実証実験は、千葉県柏市など官民学の7団体で組織する「柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)」が3月20日から8月29日の間、千葉県柏市内で実施。公衆電源ステーション「espot(エスポット)」をショッピングセンターなど市内4カ所に設置し、一般モニター500名が参加して、利用ニーズの把握や、サービス提供に必要な技術・認証・オペレーション等を検証する。

 使用される電力は、風力、太陽光、バイオマスなど、すべて自然エネルギーによってまかなわれる。モニターは、専用の非接触ICカードをespotに設置されたカードリーダーにかざし認証を受けると、コンセントから給電できる。

 UDCKでは実験モニター500名を3月20日から募集するとのこと。なお、実証実験期間中の給電は無料だ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]