logo

NTTドコモ、上海で日本語対応携帯電話の取次販売を開始

松田真理(マイカ)2010年03月11日 19時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモの中国現地法人である「都客夢(上海)通信技術有限公司」(ドコモチャイナ)は3月13日より、現地在住の顧客に向けて、日本語対応携帯電話の販売取次サービスを提供する。米国、欧州に続く3拠点目で、アジア地域では初となる。

 ドコモ サポートデスク上海が窓口になり、携翔貿易(上海)有限公司が提供する日本語対応の携帯電話を販売する。日本語での申し込みや問い合わせにも対応するという。

 販売機種は、Nokia E63、Nokia 6730c、Nokia 5320diの3G(W-CDMA)/GSM/GPRS対応機種で、いずれも日本語によるメールの送受信が可能。また、NTTドコモが提供するiチャネルの閲覧ソフトをインストールした上で提供する。5月末まではiチャネルの月額使用料が無料だ。料金プランはプリペイドが中心で、たとえば月額基本料が96元(邦貨換算で約1270円)のプランの場合、無料通話が月間240分、無料データ通信が300Mバイト分含まれる。

-PR-企画特集