logo

ビデオ:VOCALOID Flexのデモで見えた、「しゃべるボーカロイド」の実力

永井美智子(編集部)2010年03月02日 17時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは3月1日、同社の新たな音楽技術を披露するイベント「Y2 SPRING 2010」を開催した。ここでは、歌声合成ソフト「VOCALOID(ヴォーカロイド)」の合成エンジンソフトを進化させ、歌うだけでなくしゃべることも可能にした「VOCALOID-flex(ヴォーカロイド フレックス)」のデモが披露された。

 VOCALOID-flexは、音の構成や長さ、高さや強さなどを細かく編集できるようにし、人間に近い発話ができるというもの。コナミデジタルエンタテインメントが4月29日に発売する予定の「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER(メタルギアソリッドピースウォーカー)」において、人工知能を持つボスキャラクターの音声を制作するツールとして採用されている。

 コナミデジタルエンタテインメントによると、女優の菊地由美さんが声を担当しており、菊池さんの声をモーフィングすることでボスキャラの声を作ったという。デモでは元の声と、加工した後の声がそれぞれ披露された。

 VOCALOID-flexについて、ヤマハ サウンドテクノロジー開発センター音声グループマネージャーの剣持秀紀氏は「書いた文字列を音声に置き換えるのではなく、感情のこもったしゃべりを実現するのが主な目的。文字を読み上げるというより、『行ってきまーす』のように、歌に近いしゃべりで使われることを考えている」と話す。

 METAL GEAR SOLID PEACE WALKERではVOCALOID-flexの技術を生かし、ユーザーが歌詞などを入力すれば音声として自動再生されるようなサービスを検討しているという。VOCALOID-flexをネットに対応させ、サーバ上で音声合成処理をするとのことだ。

菊池さんの声をVOCALOID-flexを使って変換し、「人間と機械の中間のような声」(剣持氏)を実現した

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]