logo

[ブックレビュー]見失いがちな本質とは--「『1年続ける』勉強法」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイヤモンド社
平林亮子/五十嵐明彦
詳細:単行本 / 204ページ / ダイヤモンド社 / 価格:¥ 1,500 / 著者:五十嵐 明彦,平林 亮子 / 発売日:2010/01/29 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm × 13.2cm × 1.8cm / 重量:0.3 kg
内容:勉強を続けるためのノウハウを教えてくれる1冊。「意志の強弱と続くかどうかは関係ない」「突破口はマネること」など、目からウロコの真実が書かれている。
Amazon.co.jpアソシエイト

 どんな勉強法であっても、たった1つのことができなければ、試験の合格はあり得ない。それは、合格するまで続けて勉強することである。本書は、そんな「当たり前」だが見失いがちなことに気付かせてくれる。

 本書で述べられているのは、「勉強法」というよりは、勉強を続けるための「生活習慣の変更法」だ。難しい試験の合格を目指すからといって、やみくもに長時間勉強すればいいというものではない。計画作りやノート作り、テキスト探しに躍起になりすぎて、本来しなければならない勉強そのものをができていなければ、試験の合格は遠い。どれほど効率的で良い勉強方法でも、試験に合格するまで続けるには、生活スタイルの見直しも必要だ。

 さらに、勉強仲間を作る事が、勉強を続ける上で意外にも大きなメリットになるそうだ。一人で勉強しながらも、ときには仲間同士で情報交換をしたり、励ましあったりして、一人ではできないことをすることで、長丁場を乗り切る活力がわいてくる。

 「試験の合格」という目標を達成するためにもがいているならば、本書を読んで肩の力を抜いてみよう。次の一歩を踏み出しやすくなるかもしれない。

-PR-企画特集