「金がかかるから」、若者が新聞を読まない理由トップに--M1・F1総研調べ

鳴海淳義(編集部)2010年02月25日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 若者層のマーケティング調査機関であるM1・F1総研は2月25日、若者と新聞の関係性に着目したレポート「若者と新聞」(PDF)を発行した。調査対象は1都3県在住のM1層(20〜34歳男性))1000人とM2層(35〜49歳男性)200人。

 普段からよく新聞に接している人は年代が低くなるほど減少し、20代前半では34.9%。同様に、積極的に新聞を閲覧している人も若い層ほど減少し、20代前半では21.1%だった。

普段からよく新聞に接している人と積極的に新聞を閲覧している人の割合普段からよく新聞に接している人と積極的に新聞を閲覧している人の割合(クリックすると拡大します)

 ただし、若い層の「活字を読むのは好きな方である」とする割合は、上の年代と比べて決して低くなく、「雑誌」や「フリーペーパー」、「インターネットニュースサイト」といった活字媒体を読む頻度はむしろ上の年代よりも高かった。

「活字を読むのは好きなほうである」とする割合「活字を読むのは好きなほうである」とする割合
普段からよく接しているメディア普段からよく接しているメディア(クリックすると拡大します)

 普段新聞を読まないM1層が「新聞を読まない理由」としては、「料金がかかるから(62.6%)」が1位。また、「他のメディアから得られる情報で足りているから(24.5%)」も上位に挙がっており、M1・F1総研は「他で間に合う情報に対してわざわざお金を払うことに抵抗を感じている様子がうかがえる」と分析している。

(新聞を読まないM1の)新聞を読まない理由(新聞を読まないM1の)新聞を読まない理由(クリックすると拡大します)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加