logo

フォルシア、検索サービスをJALの予約サイトに提供

鳴海淳義(編集部)2010年02月24日 18時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォルシアは2月24日、日本航空インターナショナルが運営する国内、海外ツアー販売サイト「JALeトラベルプラザ」に検索サービス「Spook」を提供開始した。

 Spookは導入企業の基幹システムに依存せずに運用できる点が特徴。あらかじめ検索に最適化されたデータベースを新たに構築したうえでサービスを提供するという。「通常の検索の50〜100倍の検索レスポンスを実現できる」とフォルシア代表取締役社長の屋代浩子氏は話す。

 Spookは特に旅行業界で実績を積み上げてきた。ジェイティービー、日本旅行、フォートラベルなどに製品を提供している。今後は1つのサイトで複数の宿泊サイトを横断して検索できる「宿泊サイト一括横断検索」のASPサービスを提供する計画だという。

 JALeトラベルプラザはこれまで検索の部分にユーザーから多くの不満の声が寄せられていたという。国内ツアー約4万7千件、海外ツアー約5万5千件のツアーの中から好みのものを見つけやすくするため、検索パフォーマンスとユーザビリティの向上を目的にSpookを導入した。日本航空インターナショナルのWEB販売室室長の佐々木康人氏はSpookについて、「費用対効果の高い投資なのは間違いない」と高く評価している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]