logo

[ウェブサービスレビュー]大きすぎる画像をオンラインで簡単に縮小できる「Quick Thumbnail」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Veign
内容:「Quick Thumbnail」は、縮小画像の作成にフォーカスしたシンプルな画像編集サービスだ。ローカルもしくはウェブ上の画像を指定してサイズを入力するだけで、ブログ掲載やメール添付に便利な縮小サイズの画像をかんたんに作成できる。

 「Quick Thumbnail」は、オンラインで画像のリサイズができるウェブサービスだ。ネット上にはさまざまな画像編集サービスが存在しているが、本サービスは縮小画像の作成に焦点を絞ったシンプルな操作性が売りだ。

  • 「Quick Thumbnail」のトップページ。この画面だけで完結しているので、上から順に項目を入力していき、最下段の「Resize it」をクリックすればよい

 「Quick Thumbnail」のトップページにアクセスしたら、まずは元画像を指定する。ローカルファイルのほかオンラインにあるファイルをURLで指定できるので、写真共有サービスにある画像をいったんダウンロードすることなくリサイズが可能だ。

 元画像の指定が終わったら、縮小後のサイズを「パーセンテージ(Percentage)」「横幅(Fixed Sizes)」「定型サイズ(Standard Sizes)」のいずれかで指定する。ちなみに「横幅」は32〜750ピクセルまで6段階で指定でき、元画像の縦横比率が維持される。「定型サイズ」は640×480ピクセルなどメジャーなサイズから選択でき、縦横比率は無視される。

  • まず最初に元画像を指定する。ローカルから参照するほか、ウェブ上の画像を直接URLで指定できる

  • 縮小サイズの指定方法は3通り。ちなみに3つの方法を同時に指定して、3枚の縮小画像を一斉に出力できる

  • サイズ指定が終わったら最下段の「Resize it」をクリックする。直上の「Watermark」に透かし文字を入れられる

 サイズの指定が完了したら、ページ下の「Resize it」ボタンを押す。「uploading...」の表示がしばらく続いたのちにリサイズ処理が実行され、完了すると縮小画像がページ下部に表示される。あとは右クリックしてダウンロードすれば作業は完了だ。フォーマットはGIF/JPEG/PNGの3種類から選択できる。

 画面遷移は1回だけと非常にシンプルなインターフェースであり、操作も迷うことがない。また、画像に文字の透かしを入れられるので、例えばウェブサイトのURLを画像に埋め込む場合にも重宝する。ブログ掲載やメール添付用の画像を作成するにはもってこいのサービスだ。

 難点があるとすれば、最初の画面で任意のサイズを指定できないことと、定型サイズが横長の4対3のものが中心で、縦向きの写真のリサイズが苦手なことだ。これらの細かいサイズ指定や、切り抜き・レベル補正といった処理もあわせて行いたければ、「PHOTOX」「NAVERフォトエディター」といった高機能な画像編集サービスを利用するのがよいだろう。

  • 処理中。アップロード後に縮小画像が表示されるという流れになる

  • 縮小画像が表示された。上部にファイルサイズ、縮小画像直下に指定したサイズ(今回は500ピクセル)が表示されている

  • バナーなどの定型サイズを指定した場合は、元画像の縦横比は無視される

-PR-企画特集