logo

三洋電機、リニアPCMレコーダー「ICR-PS605RM」など3モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三洋電機は2月16日、リニアPCMレコーダー「Xacti サウンドレコーダー」シリーズにおいて、フラッグシップモデルとして最高の音質・機能・操作性を追求した「ICR-PS605RM」と、シリーズ中核モデルとして音質・機能・操作性を追求した「ICR-PS504RM」(PS504RM)、「ICR-PS502RM」(PS502RM)の3モデルを発表した。2月下旬に発売する。

 ICR-PS605RMは、位相差がなく正面の集音性に優れ、極めて自然なステレオ録音を実現するXY型指向性マイクに、高周波帯域に対応する新開発の高周波用XY型マイクを合体したW-XY型マイクを搭載。かつてないほどの広帯域の集音が可能となったという。

 さらに、周囲の音を360度バランス良く集音し、会議などに適した「全方向性ステレオマイク」を搭載。W-XY型マイクと合わせて6つのマイクを切り換えることにより、幅広い用途に活用できる。

 録音フォーマットは、リニアPCMとMP3に対応。リニアPCM録音は、音楽CDレベルの44.1kHz/16bitモードに加え、CDの2倍以上の圧倒的な情報量を持つ96kHz/24bitモードを搭載。MP3録音も320kbpsという高音質モードを用意している。

 内蔵メモリ4Gバイトに加え、microSDカードスロットを搭載したダブルメモリシステムを採用。本体サイズは、高さ132.6mm×幅35.4mm×奥行き13.9mmで、重量は約64g(電池含む)。本体にはスライド式のUSB端子を内蔵する。カラーはブラックのみ。店頭想定価格は4万円前後になる。

「ICR-PS605RM」 「ICR-PS605RM」

 PS504RMとPS502RMは、シーンに応じて選べる「3マイクシステム」を搭載。前方正面の集音性に優れ、セミナーや講義などに適した「指向性ズームモノラルマイク」と、周囲の音を360度バランス良く集音し、会議や音楽録音などに適した「全方向性ステレオマイク」を搭載した。

 録音フォーマットは、リニアPCM形式とMP3形式に対応。リニアPCM録音は44.1kHz、MP3録音は320kbpsまでのモードを備える。

 PS504RMには4Gバイト、PS502RMには2Gバイトのメモリを内蔵し、microSDカードスロットも装備している。本体サイズはいずれも高さ103mm×幅35.4mm×奥行き13.9mmで、重量は約53g(電池含む)。ボディカラーと店頭想定価格は、PS504RMがシルバーで2万円前後、PS502RMがホワイトで1万5000円前後になる。

 全機種ともに電源には単4形乾電池を使用し、充電池の「eneloop」が付属する。新開発DIPLYエンジンIIIによる長時間駆動のほか、レコーダーをPCに接続すれば、enelooopの充電も可能だ。

「ICR-PS504RM」(左)、「ICR-PS502RM」(右) 「ICR-PS504RM」(左)、「ICR-PS502RM」(右)

-PR-企画特集