logo

動画共有サイトのVeoh、倒産処理手続を申請--創設者兼CEOが明らかに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動画共有サイトを運営するVeoh Networksの創設者兼最高経営責任者(CEO)のDmitry Shapiro氏は米国時間2月11日、同社が連邦破産法7条(チャプター7)の適用申請をしたと自身のブログで明らかにした。同氏は、Universal Music Groupとの法廷闘争で生じた混乱や、より広範なマクロ経済環境における厳しい状況が申請に至った要因だと記している。All Things Digitalは情報筋の話として、同社が近い将来にチャプター7の適用申請をする計画であると同日に報じていた。

[出典]
Veoh Letter
Veoh Letter

-PR-企画特集