logo

UCC、Twitterを使用したPR活動で謝罪--botでキャンペーン告知を大量送付

坂本純子(編集部)2010年02月05日 17時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UCC上島珈琲は2月5日、Twitterを使用したPR活動で謝罪文を発表(PDF)した。

  • 問題となったキャンペーン公式のbot

 同社は同日10時より、PR活動の一環としてTwitterを開始。「コーヒー」「懸賞」などのキーワードが入ったTweet(つぶやき)を機械により判定し、「bot」と呼ばれるプログラムによってユーザーに向けて「コーヒーにまつわるエッセイとアートを募集中!エッセイで賞金200 万円!アートで賞金100 万円!締切間近!!」という文言とキャンペーンサイトのURLをTweetした。

 UCC上島珈琲では、Twitterをチェックする中でユーザーからのTweetにより問題を認識。botでのTweetは正午に中止したが、中止するまでに約600件のTweetを送付したという。

 このことはTwitter上で「スパムボット」として話題になり、その様子はハッシュタグ「#UCC」を通して見ることができる。「酷い」「本当に公式アカウントなのか」と怒りの声や「Twitterを使ったマーケティングの失敗例」「逆効果だった」と冷静に分析するTweetが見られた。

 UCC上島珈琲では、「新しいコミュニケーションツールとして期待したが、理解が不十分だった。(botを起用したことについて)十分なリスクを検討できていなかった。今後はそれらを踏まえて、活動していきたい」とコメントしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]