logo

クラウズ、SMARTTIMECARDで「ダイヤル発信」による打刻が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウズは2月4日、ICカードやGPS搭載携帯電話に対応したSaaS型タイムレコーダーシステム「SMARTTIMECARD」で、ダイヤル発信打刻機能の提供を開始したと発表した。

 SMARTTIMECARDは、SuicaやPASMO、おサイフケータイなどのICカードや、GPS搭載携帯電話による勤怠管理に対応するSaaS型のタイムカードシステムだ。打刻に加えて、ICカードやGPSの情報をもとに、交通費精算をしたり行動履歴を管理したりもできる。

 今回新たに、ダイヤル発信による打刻機能を追加した。SMARTTIMECARDでは、携帯電話による出退勤操作をする際、専用のサイトにアクセスする必要があった。しかし同機能を利用すれば、外部から専用固定電話や携帯電話で専用ダイヤルに電話することで、出退勤操作ができる。

 ダイヤル発信打刻機能はSMARTTIMECARDのオプションとして提供する。価格は用件により応相談。

-PR-企画特集