logo

[ブックレビュー]日常のネットワーク化がもたらした変化--宝島社新書「ネットがあれば履歴書はいらない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宝島社
佐々木俊尚
詳細:新書 / 223ページ / 宝島社 / 価格:¥ 680 / 著者:佐々木 俊尚 / 発売日:2010/01/09 / 外形寸法 (H×W×D):17.2cm × 10.6cm × 1.6cm / 重量:0.2 kg
内容:ウェブサービスを利用することによって、日々増えていく自分の履歴。それは考え方や経歴がわかる「履歴書」に成り得る。ウェブ上に積み重ねた履歴書をどう活用すべきか。
Amazon.co.jpアソシエイト

 自分の名前をインターネットで検索したときに、出てきた結果に驚くことがある。思っていたよりもヒット数が多かったり、存在さえ知らなかったページが表示されていたりするからだ。誰でも簡単に、本人の情報をインターネットで収集できるようになったが、今後は、それがさらに重要な意味を持つようになるという。

 本書は、インターネット上にあるサービスを駆使したセルフブランディングの方法を紹介しているが、単にツールの使い方を説明しているわけではない。ビジネスを専門家にアウトソーシングするのが普通になる将来を見据えて、個人が専門性を高めてその技術を広く知ってもらうためには、どうすればよいのか? またなぜそうしなければいけないのか? を自身の体験と多くの人の実例を挙げて、分かりやすく訴える。

 インターネットを使ったセルフブランディングに興味があり、効果的な活用法を模索している人にとっては十分すぎる程の情報が得られるだろう。しかしセルフブランディングなんて自分には関係ないと思っている人にこそ、インターネット上に自分の名前があるとはどういうことかを知っておくためにも、一度は目を通しておくことをお勧めする。

-PR-企画特集