logo

米連邦地裁、RIAAの楽曲ファイル不法共有訴訟で賠償金を大幅減額

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  全米レコード協会(RIAA)による楽曲ファイル共有訴訟で、被告に支払いが命じられていた損害賠償金が大幅に減額された。被告のJammie Thomas-Rasset氏は2009年6月、24件の楽曲をオンラインで不法共有したとして、192万ドル支払うよう命じられていた。しかし、ミネソタ地区米連邦地方裁判所は米国時間1月22日、金額を5万4000ドルへと減額した。同裁判所のMichael Davis判事は、「抑止力が必要であっても、音楽を無料で得るというだけの目的で24曲を盗んで不法に配信したことが、約200万ドルという判決につながるのは正当化できない」と記している。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]