logo

電通、iPhone向け電子クーポンアプリ「iButterfly」提供--ARや位置ゲーの要素も

鳴海淳義(編集部)2010年01月21日 14時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通は1月21日、iPhoneのモーションセンサー機能やGPS機能を活用し、電子クーポンに拡張現実(AR)や位置情報ゲームなどのエンタテインメント性を付加させたアプリ「iButterfly 〜クーポン/エンターテインメント!〜」を公開した。1月20日から3月31日まで実験的に無料で提供する。iPhone 3GS/OS3.1以降に対応する。

 iButterflyは蝶の形をした電子クーポンを捕まえてコレクションするアプリ。iButterflyを機動してiPhoneのカメラを覗くと、街中に蝶が飛んでいるのが見えるという。iPhoneを虫とり網のように振って捕まえると、その蝶が運ぶコンテンツやクーポンを利用したり、図鑑にコレクションしたりできる仕組みだ。

iButterflyiButterfly

 全国各地にご当地の蝶も用意する。東海道五十三次の待ち受け画像を運ぶ「東海道ちょう」、山手線各駅周辺に飛ぶユニークな「山手ちょう」、今日の運勢を占ってくれる「おみくじちょう」などのシリーズを公開予定だ。

ご当地の蝶ご当地の蝶

 2月中旬にはヤマダ電機がLABI1池袋モバイルドリーム館の来店促進プロモーションで、東京ガスがショールームの来店促進プロモーションでiButterflyの実験に参加する予定。

 電通は実験の結果を見て、iButterflyの本格展開、iPhone以外のモバイル端末への導入を検討していくという。

-PR-企画特集