logo

CSKシステムズ中部、危険区域への入退を把握できる「WiFi安全記録管理」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CSKシステムズ中部は1月20日、工場現場における労働者の作業監督を支援するための製品/サービス群「製造実行支援シリーズ」の新ラインナップとして、「WiFi安全記録管理」を販売開始した。

 WiFi安全記録管理は、無線LAN技術を利用したWi-Fiタグを製造現場の作業者全員に携帯させることで、危険区域への立ち入りと退去を移動記録として継続的に測定、集計するシステム。

 作業者ごとの危険区域への入退状況を把握できるため、立入管理の改善や危険予防の立案が可能になるほか、安全管理トレーサビリティの記録としても活用できるとしている。価格は税別で300万円。

-PR-企画特集