logo

[ブックレビュー]エンジニア“以外”の人必見--「いちばんやさしいネットワークの本」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
技術評論社
五十嵐順子
詳細:単行本(ソフトカバー) / 192ページ / 技術評論社 / 価格:¥ 1,449 / 著者:五十嵐 順子 / 発売日:2009/12/23 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm × 12.8cm × 2.0cm / 重量:0.2 kg
内容:ネットワークと聞くと「難しい」「わかりづらい」という思いが先に立ってしまう人もいるだろう。そういう人向けのネットワーク“攻略本”が登場した。ネットワークのプロではない人にこそおすすめ。

 知識がいくらあっても、実践で使えなければ意味がない。ネットワークと聞いて、技術的なことは単に知識として知っているが、実務で適切な方法を選べる程には理解できていない、と困っているならば、本書が助けになるだろう。

 ネットワークの「解説書」ではなく「攻略本」であると、著者が書いているとおり、あるときは物語風、またあるときは講義風の語り口で、「どうせまた難しいんでしょ」とネットワークについて理解することを半分あきらめている読者を、道に迷わないように導いてくれる。

 第1部では、本質を捉えるために、ネットワークを「単純化」「個別化」「関係性」という3種類の視点(メガネ)を使って整理している。すると、社内などの比較的狭い範囲のネットワークから、会社と会社を結ぶ、あるいは世界中を結ぶネットワークまで、規模によって異なるネットワークの形と意味が、はっきりと見えてくる。

 第2部では、TCP/IPネットワークの仕組みについて、インターネットを利用している人ならば一番身近に感じられる「ウェブ」とは実際どのようなものなのか、その仕組みを詳しく、しかし、あくまでも本質を理解することを目的として端的に説明する。

 したがって、ITエンジニアのみならず、むしろ、ネットワークについて知っておかなければならないが、難しくて敬遠していたという、エンジニア以外の人にお勧めしたい。

-PR-企画特集