logo

BDA、3D Blu-ray規格を完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Blu-ray Discの推進団体であるBlu-ray Disc Association(BDA)は米国時間12月17日朝、3D規格である「Blu-ray 3D」が完成したことを発表した。同規格は、フル1080p解像度の対応、3D Blu-rayプレーヤーおよび3D Blu-rayディスクにおける後方互換(2Dでの再生を可能にする)、AVCを拡張した新たなMVCコーデックの使用などを含んでいる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]