ソフトバンクモバイル、「940N」「940P」「X01SC」の3機種を12月18日より発売

松田真理(マイカ)2009年12月16日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは12月18日より、NEC製「SoftBank 940N」(940N)、パナソニックモバイルコミュニケーションズ製「SoftBank 940P」(940P)、Samsung電子製「SoftBank X01SC」(X01SC)の販売を開始する。価格はすべてオープンだ。

 940Nは、最大54MbpsのWi-Fi通信が可能な「ケータイWi-Fi」に対応したモデル。携帯電話からPCメールを送受信できる「PCメール」、最大2Mバイトまでのメールを送受信できる「大容量ファイル添付」などの機能を備えている。厚さ13.9mmの本体に、約3.2インチフルワイドVGA液晶や、オートフォーカス、手ぶれ補正対応の810万画素カメラを搭載した。カラーは、アイランドブルー、ホワイト、ピンク、ブラックの4色。

940N 「940N」

 940Pは、電話機本体をスライドさせると画面が斜めに起き上がる「スイングスライド」を採用したモデル。ページ送りや候補選択は、ボタンの上下操作や回転操作で行う「スピードセレクター」で行う。カメラには、0.84秒で高速起動する約811万画素高機能カメラを搭載し、動きのある被写体をフォーカスする「追っかけフォーカス」、シチュエーションにあったモードを自動選択する「おまかせiA」などの機能を備えた。カラーは、ムーンライトパープル、ブラック、ピンク、シャンパンの4色。

940P 「940P」

 X01SCは、QWERTYキーボードを搭載したスマートフォンで国内最軽量となる103.9gを実現したモデル。OSにWindows Mobile 6.5 Standardを採用し、「Office Mobile」を使って、PCで作成したオフィス文書の閲覧や編集が可能だ。カラーは、チタンブラックのみ。

X01SC 「X01SC」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加