アドビ、「Flash Player」で「PowerPC G3」のサポートを終了へ--次期版が最後の対応

文:Jim Dalrymple(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年12月11日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間12月10日、「Flash Player」でのAppleの「PowerPC G3」搭載ハードウェアのサポートを終了する予定であると述べた。

 これは、複数のセキュリティ問題を修正するFlash Playerのアップデート版をユーザーに通知する同社サポートウェブサイトの注記で明らかにされている。Adobeによれば、同製品の次期バージョンである「Flash Player 10.1」が、PowerPCベースのG3コンピュータをサポートする最後のバージョンになるという。Flash Player 10.1は、2010年前半にリリース予定となっている。

 旧式製品のサポート終了は、企業が定期的に行うことだ。その理由の1つは、企業が最新の技術を利用して、製品を進化させられるようにするためだ。実際に、Adobeはサポートの注記で、G3のサポートを終了するのは、「この旧式のPowerPCアーキテクチャではサポートできない機能強化のため」だと述べている。

 Adobeはすでに、主力製品である「Creative Suite 4」の一部のシステム要件をマルチコアのIntelプロセッサと定めている。従って、Adobeが旧式Appleマシンのサポートを停止するのは、今回が初めてではないのだ。

 Apple自身も「Mac OS X」の最新バージョンである「Snow Leopard」で、全てのPowerPCベースコンピュータのサポートを終了した。Appleの消費者向け製品「iLife」でさえも、今はG3プロセッサをサポートしていない。

 Steve Jobs氏が2005年に「Worldwide Developers Conference」(WWDC)での基調講演で、AppleはPowerPCから離れていくと述べてから、同社はIntelベースのプロセッサへの移行を開始した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加