logo

グーグル買収後も「EtherPad」は継続--AppJetが終了撤回とオープンソース化を発表

文:Rupert Goodwins(ZDNet UK) 翻訳校正:湯本牧子、小林理子2009年12月08日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間12月4日にGoogleに買収されたオンライン協業ツール「EtherPad」の開発元であるAppJetが、当初発表したサービス打ち切りの方針を撤回した。

 打ち切りはせずに、同サービスを継続し、オープンソース化を進めるという。

 当初の計画では、「パッド」と呼ばれる既存のドキュメントを3月に削除し、新規作成やユーザー登録ができないようにすると発表していた。現行ユーザーは、データをエクスポートする機会が提供されるとともに、「Google Wave」のプレビュー版に招待される。

 だが、多くのEtherPadユーザーはこうした計画を歓迎しなかった。現在はAppJetの前CEO(最高経営責任者)となったAaron Iba氏は12月5日、同社公式ブログに更新情報を投稿した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集