FCC、パブリックコメントの受け付け開始--放送用電波オークションの是非を問う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)は米国時間12月2日、放送事業者が保有する一部の周波数免許を取り戻し、無線ブロードバンドプロバイダーにオークションするべきかどうかに関し、パブリックコメントの受け付けを開始した。FCC委員長Julius Genachowski氏は今週、放送用電波の一部を取り戻して新規の無線ブロードバンドサービスを生み出すために再オークションすることに興味があると発言していた。FCCはこの件に関するパブリックコメントを21日まで受け付ける予定である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加