logo

T-Mobile USA、携帯端末「Sidekick」の販売を再開--10月の大規模障害以来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 T-Mobile USAは米国時間11月16日遅く、同社携帯端末「Sidekick」の販売を再開したと発表した。Sidekickは、10月に大規模なサービス障害が発生したため、販売が中止されていた。同社は2年契約で、「Sidekick 2008」を49ドル、また「Sidekick LX 2009」を149ドルという値下げした新価格で販売する。SidekickはMicrosoftが2008年に買収したDangerが提供しており、Microsoftは障害で消失したデータ復旧作業に努めてきた。

-PR-企画特集