logo

CULV搭載ノートPCラインアップ比較--1つ上の“ネットブック”は定着するか - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11.6型液晶を搭載のCULVノートの特徴

 11.6型液晶搭載の製品は、NEWSの山下智久が「ネットノート」としてTVCMを行っている東芝の「dynabook MX/33KWH」を筆頭に、NECを除く各社が製品を投入している。価格はMSIの「Wind12 U200」の実勢価格4万9800円から高性能CPUやMicrosoft Officeをプリインストールして10万円を越えるものまでがそろっている。

 東芝のdynabook MX/33KWHは実勢価格で7万2800円と手頃な価格だが、このクラスでは唯一グラフィックチップが異なるものを使っているので選ぶ際は留意したい。最安値のMSIの「Wind12 U200」は、CPUはデュアルコアを採用しているが、メモリ容量やHDD容量がひとまわり小さくなっている。

11.6型ノートPCラインアップ 11.6型ノートPCラインアップ(※画像をクリックすると拡大します)

13.3型液晶を搭載のCULVノートの特徴

 大きめのサイズの13.3型液晶を搭載するCULVノートでは、Microsoft Office搭載モデルを選べる機種が多くなっている。スペックを見れば、画面サイズが大きくなっているにもかかわらず、重量の面では11.6型とあまり変わらないので、画面の迫力や見やすさを重視するならこちらのサイズがおすすめだ。

 最も低価格のモデルはレノボのIdeaPad U350で実勢価格は7万2800円。この機種はCPUが3種類とMicrosoft Officeの有無で計6種類があり、Core2 DuoとMicrosoft Officeを搭載した実勢価格で11万9800円の豪華仕様まで幅広く選べる。

 また、カラーバリエーションではNECの「LaVie M」が赤、白、黒の3色から選べるほか、デルの「Inspiron 13z」はメーカー直販モデルをウェブサイトから購入すれば、カラーバリエーションをはじめ、好みのスペックでオーダーすることも可能となっている。

13.3型ノートPCラインアップ 13.3型ノートPCラインアップ(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]