logo

アイラボ、アイドルが腹筋を応援するiPhoneアプリ「i-Fukkin」

原田和英(アルカーナ)2009年11月04日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイラボとアイグローブ、コスモウェブの3社で共同開発したiPhone/iPod touch向けアプリケーション「i-Fukkin」。

 このアプリケーションを起動し、両手でiPhoneを持って腹筋をすると、チアガールに扮したアイドルの岡田彩菜さんが、回数をカウントしてくれる。腹筋の途中で休憩していると、「あきらめたらそこで試合終了だよ」と注意されたり、「終わったらお水あげるね」といった激励の声をかけられたりする。

 モードは、腹筋を20回するまでのカウントアップと、1分間での回数をカウントするタイムトライアルの2種類を用意。Twitterアカウントを登録しておけば、腹筋開始時、終了時にメッセージを送ることも可能。定価は350円だが、1万ダウンロードまでは115円で提供する。

 アイラボ代表取締役の伊藤剛氏は「昨今のダイエットやスポーツトレンドに合わせて屋内でも簡単に筋トレができるように」という思いからi-Fukkinを企画。その後、アイグローブやコスモウェブとともに約2カ月で開発した。App Storeで提供を開始してから約1週間で「健康&フィットネス」のカテゴリーで1位を獲得し、ダウンロード数は1000を超えた。

 伊藤氏は「もともとモチベーション管理に興味がある。このアプリケーションはその一環」と語る。今後は男性が応援してくれるバージョンや違うアイドルが応援してくれるバージョンなどi-Fukkinの新展開を予定するほか、年内にもモチベーション管理をコンセプトとした新しいアプリケーションを提供する予定だ。

i-Fukkin 「i-Fukkin」の利用イメージ。3軸センサーを使って腹筋をカウントする

-PR-企画特集